「レーザー脱毛は痛い!」という話を耳にしたことがある人もいると思います。

レーザー脱毛の痛みは、脱毛する部位によって変わってきます!

レーザー脱毛って痛いの?

レーザー脱毛をしたいけど、痛みが気になって始められない…という方もいると思います。

レーザー脱毛というと、「かなり痛い!」「痛すぎて途中で通うのをやめた…」なんて話を聞くこともあります。

このような話を耳にしたら、痛みに弱い方はレーザー脱毛を始めることに躊躇してしまいますよね。

しかし、レーザー脱毛をした人の話を聞くと、“痛い”といっている人もいますが、「まったく痛くなかった」とか「気にならない程度の痛み」という方も多いです。

“痛い”という人と“痛くない”という人の差は何なのでしょうか。

もちろん、痛みの感じ方には個人差があります。

しかし、それ以外にも“脱毛する部位”によって、痛みの感じ方は変わってくるのです!

痛みを強く感じる部位は?

  • デリケートゾーンのVIOライン
  • わき
  • ひざ下

毛が太くて密集している“VIO・わき・ひざ下”は、特に痛みを感じる人が多いようです。

とくにデリケートゾーンのVIO脱毛は痛みが強くて、泣きながら施術する人や途中で断念してしまう人もいるようです。

どんな痛みなの?

レーザー脱毛は痛いというけど、実際はどんな痛みなのか気になる人もいますよね。

レーザー脱毛の痛みの感じ方は「輪ゴムで弾かれたような痛み」といわれています。

輪ゴムでパチンパチンと弾いた時の痛みに似ています。

この痛みが気にならない人は大丈夫ですが、気になる人は苦痛に感じてしまいますよね。

レーザーを照射する際に、このような痛みを感じます。

毛が太く、密集している部位は痛みが強いですが、それ以外の部位では我慢できる方がほとんどです。

クリーム麻酔を使用してくれるクリニックもあります!

クリニックなどの医療機関での脱毛は、クリーム麻酔を使用して施術してくれるところもあります!

脱毛する部位に塗布することで、皮膚の表面の感覚を鈍くしてから照射します。

クリーム麻酔のほかにも笑気麻酔を使用するクリニックもあります。

痛みを軽くして施術できるので、痛みを気にせずに脱毛に通うことができますね!

痛みに弱い方は、クリニックで相談してみてください♪